ガラスお役立ち情報

ガラスの修理やガラスに関する知識を深めるサイト

ガラスの熱割れについて

 

ガラスの熱割れ現象は、ガラス表面の部分的な温度差によって起こる現象です。

窓ガラスの表面上、もっとも熱を受けて吸熱する箇所が中央部です。反対にサッシなどの影になり直接熱を受けず、放熱する箇所がガラスの周辺部になります。 中央部が多くの熱を受け高温となり熱膨張を起こしている際、ガラスの周囲部は熱を受けないので膨張しないため、膨張する中央部分を抑えている形になります。 この状態になるとガラス周辺部分に引張応力が発生している状態になります。この引張応力がガラスのエッジ強度を超えると、ガラスが割れてしまいます。 この現象がガラスの熱割れといわれています。

また、ガラスの熱割れ現象は自然の力で起こるため、防ぐことは極めて困難と言われています。

ガラスの熱割れはガラスの高温部と低温部の差が大きくなった時に発生します。
ですので、ガラスの性能や窓の向き、サッシの取付け具合、カーテンなど遮熱物の有無など他の原因も発生に影響します。 一般的にガラスの熱割れが起こりやすいとされているのが晴れた冬の朝だと言われています。日差しを受ける中心部に比べ、サッシ部分はかなり低温になっていることが多いためです。熱割れでのガラス破損では、エッジ部分に直角にヒビが入り、その後蛇行してヒビが入っていくことが特徴です。